健康で美しい口元のために|日々進化する歯医者で健康な白い歯をゲット

日々進化する歯医者で健康な白い歯をゲット

健康で美しい口元のために

歯医者

欠損した歯の治療法

虫歯や事故などで欠損した歯の治療法として一般的なのが、差し歯の治療です。歯の土台となる部分にクラウンと呼ばれる被せ物を被せる方法ですから、歯根の部分が残っていることが治療の前提となります。歯茎の健康状態によっては、同時に歯周病の治療が必要になるケースもあります。差し歯の治療には様々な選択肢があり、健康保険を利用できる治療と、できない治療とがあります。最適な治療はひとりひとりの予算や、口腔内の状態、体質などによって違ってきます。歯は全身の健康に影響を及ぼす上に、差し歯の素材によってはまとまった出費になる場合もあります。信頼できる歯科医師によく相談して、しっかりと納得してから治療を受けることが、差し歯の治療を成功させる秘訣です。

ニーズに合った素材選び

健康保険が適用される一般的な治療では、硬質レジンと呼ばれる素材で作られた差し歯を使用するケースが殆どです。表側が白色のレジン素材、裏側が金属で補強されている硬質レジン前装冠は、ある程度の美観と強度を兼ね備えた実用的な差し歯として広く普及しています。見た目の美しさを重視する場合には、自費での治療になりますが、セラミック素材で作られた差し歯が適しています。自然な透明感のある白さが特長で、飲食物や経年による変色の心配が殆どないこともメリットです。金属アレルギーがある人には、差し歯の土台や裏側の部分にも金属を一切使用しないオールセラミックと呼ばれる治療法が適しています。奥歯などの強い力がかかる部位には使用できない素材もありますから、歯科医師のアドバイスを仰いで最適なものを選ぶことが大切です。

このエントリーをはてなブックマークに追加